ボストン11日目・フリーダムトレイル踏破

ボストン生活
スポンサーリンク

今日は、フリーダムトレイルのうちまだ行っていない最後の部分にチャレンジすることに。

でも、せっかくなら最初から最後まで通しで歩いてみたいと思ったので、既に探検済みの前半部分も含め、一気に踏破してみることにしました。

フリーダムトレイル

以下の史跡を順に辿っていきます。

1~14はこれまでにそれぞれ何度か訪れたり通りがかったりしているので、初訪問は、チャールズ川を渡った反対岸のチャールズタウン(Charles Town)にある15.16のみです。

1. ボストン・コモン Boston Common
2. マサチューセッツ州議事堂 Massachusetts State House
3. パーク通り教会 Park Street Church
4. グラナリー墓地 Granary Burying Ground
5. キングスチャペルとキングスチャペル墓地 King’s Chapel & King’s Chapel Burying Ground
6. ベンジャミン・フランクリンの立像/ボストン・ラテン学校跡 Benjamin Franklin Statute/Boston Latin School Site
7. オールドコーナー書店 Old Corner Bookstore
8. オールドサウス集会場 Old South Meeting House
9. 旧州議事堂 Old State House
10. ボストン虐殺地跡 Boston Massacre Site
11. ファニュエルホール Faneuil Hall
12. ポール・リビアの家 The Paul Revere House
13. オールドノース教会 Old North Church
14. コップスヒル墓地 Copp’s Hill Burying Ground
15. USSコンスティテューション号 USS Constitution
16. バンカーヒル記念塔 Bunker Hill Monument

1つ1つの場所では立ち止まらずにゆっくり歩いて巡って、だいたい1時間半くらいでしょうか。

15のUSSコンスティテューション号は、米英戦争で活躍したアメリカ海軍の艦船です。

一般公開されていて、甲板に上がったり、さらに下階のデッキを見て回ることができます。

すぐ近くには、コンスティテューション号に関する博物館があったので入ってみました。

コンスティテューション号の建造に使われた木材や銅などの原材料がどこから来てどんな人達が作業をしていたのか、船員たちが毎日どんな仕事をして何を食べていたのか、といった資料が紹介されています。

子どもも楽しめるような作りになっていて、ゲームのようなものもあちこちに置いてあり、楽しく過ごすことができました。

Mike’s Pastry

フリーダムトレイルを通ってくる途中で、おしゃれなカフェやレストランが並ぶイタリア人街を通るのですが、そこで気になったのが、道行く人がみんな白地に青い文字の書かれた小箱を抱えていること。

見た目的にドーナツか何かのテイクアウトBOXかな?と思って調べてみると、どうやらノースエンド地区(North End)にある「Mike’s Pastry」というパン菓子屋さんのよう。

せっかくなので、帰り道に寄ってみることにしました。

お店の前には、びっくりするくらいの行列がずらり。

店内も含めて、50人くらいは並んでいました。

イタリア人街だけあって、cannoliというイタリア発祥のペストリー菓子が有名なよう。

円筒状のパイ生地にリコッタチーズクリームを詰めたお菓子で、頼んでから店奥で詰めてくれました。

みんなが持っていた白いテイクアウトBOXもゲット!

ホテルに帰ってから食べてみましたが、とても美味しかったのでおすすめです。(サイズも大きいですし、カロリーはやばそうですが…。)

 

そういえば、サマースクールの事前課題がぼちぼち出始めました。

いよいよ近づいてきた感じがしてドキドキします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました